裏風俗の出会い!本番できる援交女性との体験談

出会い系サイトで裏風俗を体験することができるのをご存知だろうか?ポイント系課金制の出会い系で有名なハッピーメールやわくわくメールなどにアダルト掲示板というものがある。この掲示板に投稿している女性の8割以上は援交を目的にしている女性達なのである。つまり、お金を援助してくれる男性ではあれば、確実に本番をさせてくれる女性達なのである。

個人で援交する女性。デリヘルなどの業者を通じて援交する女性など様々である。これらの女性達と交渉する出会い方を裏風俗と表現しても良いと思う。なぜなら、一般的には知られていない風俗だからである。

出会い系の裏風俗で川口春奈似の援交娘と出会う

池袋北口で待ち合わせした女性

待ちに待った週末の夜。久しぶりに出会い系サイトの出会い掲示板で援助目的の女の子を見つけてセックスしようか、それとも、デリヘルに電話して、お気に入りの本番できるデリヘル嬢とやってやろうかと考えていると会社の先輩から飲みの誘いを受けることになった。

正直あまり気が進まなかった。しかも、池袋のスナックとのこと。セックスがしたい自分としてはますます気が進まなくなったが、先輩が一言。「そこのスナック、連れ出しスナックだから気に入った女の子と本番できるよ。」との情報が来た。

この情報を聞いて、一気にモチベーションが上がった。どうやらデリヘル本番情報の噂には聞いていたが初体験の裏風俗、連れ出しスナックを初体験できるようだ。突然、先輩と飲みにいくのが楽しみになった。

さて、その日のアフターファイブ。少し残業して先輩と一緒に7時過ぎに会社を出て、池袋には8時についた。先輩の道案内に従って、池袋の北口から歩いていくと駅前の雑居ビルの中に入っていくことになった。いちおうスナックの看板は出ている。事前に調べた情報によると、このような連れ出しスナックで働いている子は中国系・東南アジア系の子が多いとのことだった。自分たちが席につくと、ママさんのような年配の女性が20代中盤くらいと思われる女の子を二人連れてきた。少し話すと外人であるのはすぐわかった。どうやら中国系のよう。

かわいいと思っていた川口春奈似の子は先輩が気に入ったようだったので、自分はもう一人の安達祐実似のMちゃんと盛り上がる。そして、1時間ほど飲んだところで、裏風俗の本領発揮。おもむろに店外に行く流れになる。ここで自分は先輩と別れて、安達祐実似のMちゃんと二人で池袋の町へ出る。ちなみに、連れ出しの値段は1万6千円と言われた。池袋で出会い系で援助の女の子を抱く際の援助の相場が1万5千円程度なので、大体援助の相場通りといったところか。その後は北口のホテル街Mちゃんおすすめの「ホテルスマイル」というラブホへ。1時間半で2500円と安い。

ラブホでは裏風俗だけあって、本番ありだった。本来は一発だけだったのだろうが、盛り上がってしまい、結局2発目も生本番でセックスしてしまった。普段、池袋のアジアンデリヘルを利用しているが、出会い系サイトの裏風俗もコスパが高い遊び方のように思える。

興味のある方は、是非試してみると良いでしょう。手を繋いでホテルに行くプロセスは恋人気分を味わうことができるので、エッチにも気持ちが入るというものである。